即効性を求めるならレビスマ通販が丁度良い   >   有名なED治療薬との違い

有名なED治療薬との違い

倒れたケースとこぼれた錠剤

ジェネリック医薬品であるレビスマは、世界3大ED治療薬に含まれるレビトラとほぼ同じ成分で構成されていて、ほぼ同じ効果を持っていることで安全性と高い効果を併せ持つ治療薬です。

同レベルで有名なED治療薬には、バイアグラとシアリスがあります。いずれも同じED(勃起不全)の症状改善に役立ちますが効果が違うことは知っていますか。
それぞれの特徴をしっかり理解することで、効果の満足度が増すことにつながるでしょう。

バイアグラは世界で初めて開発されたED治療薬なので、全てのED治療薬の基本となったものといえます。
勃起力に対する作用に優れていて、効果の持続時間は約3〜5時間と短めですが、服用後1時間程度で効果があらわれ始めます。

その後に作られたのがレビスマの先発薬である、レビトラです。バイアグには食事の影響を受けやすいという欠点があり、それを解消したのがレビトラでした。
有効成分が水に溶けやすい性質で、体内への吸収も早いので即効性があります。

勃起力への作用はバイアグラほど強くはありませんが、持続時間は約10時間で服用後約30分、早い人では約15分で効果があらわれることもあるのです。
そんなレビトラのジェネリック医薬品であるレビスマも同様に、勃起力も持続性もバランス良く得られるので、初めてED治療薬を服用する場合には使いやすいといえます。

そして最後に作られたのはシアリスでした。バイアグラやレビトラの欠点である、持続性に特化して作られたのです。
最大約36時間も効果が持続するので、遅効性があります。服用から約2時間後に効果があらわれ始めるのです。

遅効性は食事の影響の受けにくさにもつながる上に、1日以上も効果が持続することで飲むタイミングに気を使う必要はさほどなくなったといえます。

ただ、いずれのED治療薬も効果を最大限に得たい場合は、空腹時やアルコールを飲んでいない状態での服用がおすすめです。